ローズベリー安全な韓国カラコンか調査中

ハーフ系カラコンならローズベリーも候補かなということで、今日は取り上げて見ます。
ナチュラルカラコン以外も試すならハーフ系も軸にしていきたいと思っています。
韓国カラコンを見ていくとハーフ系、外国人風のカラコンも結構ありますよ。小さいレンズのもあるけど、デカ目効果がありそうなとなるとローズベリーあたりもいいかな。

ハーフ系とナチュラル系のカラコンの違い

今日は時間が出来たので、ちょっといつもとは違う視点で見ていきます。
タイトルにも書いたローズベリーというカラコンがあるんですが、分かりやすく核とハーフ系で大きいサイズという感じです。
当サイトで何度も紹介してきたクチュールとは全然違うタイプですね。
ナチュラル系となると、レンズが小さめでカラーもブラウンやブラックで、フチがあるとしてもすごく薄くて、いかに裸眼に近いか、そういった類のものになるのではないでしょうか。
それとは違うハーフ系となると、何色か、それも3トーンとか4トーンというふうに、結構色んな色が混ざってたりしますよね。
ハーフ系といっても、14.0mmとかのDIAのもありますが、ローズベリーの場合は14.5とか14.8なので、比較的大きめではないでしょうか。
カラーとシリーズによってサイズが違うわけですが、14.8のハーフ系ってあまり見たことがありません。

ローズベリーも韓国カラコン

以前に紹介したセンスマニアやメイクルームもそうですし、クチュールやロデオといったglamカラコンも同じく韓国カラコンです。
個人輸入になるんですよね。だから原則的には送料無料ではありません。
glamも何種類かのシリーズがありますが、ローズベリーの場合は、あくまで現時点でのことですが、先ほどのハーフ系のみのようです。
そこがこだわりなんでしょうね。
もしハーフ系カラコンを探してるならローズベリーも候補の一つに加えるのもいいのではないでしょうか。
glamにはrevyがありますが、そちらも大変な人気みたいです。
いろんなのを着けてるうちに、あれもこれもというふうにお気に入りが増えてくることもあるでしょうけど、何種類も持ってファッションの一部に取り入れることが出来ると楽しみが増えるよね。
韓国カラコンに安全性と激安さを求めるのは無謀

韓国カラコンローズベリーのレポ一覧

以前に紹介したローズベリーカラコンの装着画像を追加で紹介しています。
前回から紹介しているローズベリーカラコンですが、今回はヴィヴィッドピュアヘーゼルとグリーンの装着画像の紹介です。

まずはピュアヘーゼルですが、さすがヴィヴィッドシリーズということで14.8mmですから画像で見ても大きいですよね。

グリーンも同じくヴィヴィッドシリーズからの1枚です。
さすがモデルさんもたくさん紹介しているだけあってよくブログとかで見かけますよね。
ハーフ系ってどこに着けていけるか考えると楽しくなってきました。
大人っぽさを出したいときとかもいい気がするんですよね。問題はどのくらいの大きさが自分にとっての理想かというところかな。
センスマニアには14.0mmという小さなハーフ系もありますよね。韓国カラコンのみんカラだと16mmキングダムのハーフ系もありますよね。
やっぱり友達が着けてるカラコンは気になるんだけど、正直合ってないなと感じることもあるから、きっと自分もそう思われてるんだろうな。
まだまだファッションには自信がないけど、楽しくて自分がわくわくするならいいかなと思ったりもする。
ブログとか見てたら以前にローズベリーカラーコンタクトイメージガールのオーディションがあったそうですね。まあ私には関係ないことなんですけど、そうやって知名度が上がったのかもしれないな。

今日は昨日からの雨でどうもまだすっきりしない天気だけど、気温は少しずつ上がってきてるみたいで、いよいよ春がちょっとずつ近づいてきたいかなと思う。
新学期も近いし学校用に新しいカラコンを探してるこも多いかもね。学校にハーフ系は無理なのかな。